外国人介護士のメリット・デメリット

外国人介護士を受け入れたり、あるいは積極的に活用したりすることで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは、外国人介護士のメリットとデメリットについて、詳しく解説しています。

外国人介護士を活用するメリット

介護職員の数を確保できる

外国人介護士を受け入れる最大の目的であり、メリットの1つが、介護職員の数を増やせるという点です。

急激な少子高齢化によって、労働人口が減少していくことに加えて、介護の現場ではさらに要介護者が増えていくという、二重の問題があります。また、介護の仕事は大変そうだからと敬遠する日本人も多く、そもそも介護職員を確保しづらい現状もあります。

その点、自ら日本で働きたいと考え、意欲的に学んでくれる外国人介護士を活用できることは、単に介護職員の数を増やせるだけでなく、将来的にも大きなメリットといえるでしょう。

介護サービスへの信頼感が増す

単純に介護職員の数が増えて、それぞれが担当する業務内容に余裕が生まれれば、それだけ個々の入居者に対するサービスの質も向上しやすくなります

また、サービスの質が良くなり、施設への入所希望者が増えた場合でも、余裕があれば入居者をどんどんと受け入れられるので、介護施設としても利益増へつなげることが可能です。

ダイバーシティへの意識を高められる

異文化、他人種の外国人介護士を受け入れることで、これまで日本人だけしかいなかった環境に新しい考えや文化といったものを取り入れられ、多様性(ダイバーシティ)に対する意識を高めていくことができます。

また、新しい視点を持つことで、日本人の職員にとっても自分たちの働き方を見直すきっかけになり、従来の職場環境や業務内容をより良い形に発展させられるかも知れません。

将来的なビジネスチャンスを広げられる

今後さらに外国人労働者や移民が増えてくれば、やがて外国人やその家族が要介護者として入所してくる可能性もあるでしょう。その時、多様な文化や慣習にマッチしたサービスを提供できるノウハウがあることは、とても魅力的なセールスポイントになります。

外国人介護士を受け入れる際のデメリット

制度や条件の違いが複雑

外国人介護士を受け入れる方法としては複数の方法がありますが、それぞれに条件や申請方法が異なり、正しく情報を把握した上で適切な手続きを行わなければなりません。

また、活用する制度によって業務内容に関する制限や在留可能な期間なども異なるため、事前に理解しておかなければ、こちらが思っていたよりも任せられる仕事が少なかったり、いっそ想定よりも早く帰国されてしまったりといったリスクもあります。

様々な面でフォローやサポートが必要

外国人介護士を受け入れる場合、その人が日本という異国の環境で健全に暮らし、意欲的に仕事へ取り組めるよう、様々な面でフォローやサポートをしなければなりません。また、そのためには相手の国や国民性に対する理解も必要であり、配慮すべき内容も外国人介護士の数に比例して増えていきます。

もちろん、フォローは外国人介護士に対してだけでなく、彼らと一緒に働く日本人職員や、さらに施設の入居者などに対しても必要です。

差別や偏見によるマイナスイメージ

残念ながら、世の中には外国人というだけで悪印象を持っている人もおり、外国人介護士では満足なサービスを受けられないのではないかと不安に感じる人もいます。また、そのようなイメージを持たれていると分かれば、真面目に働こうとする外国人介護士の意欲も削がれます。

そのため、外国人介護士であってもサービスの質を落とさず、むしろ施設全体で前向きに業務へ取り組めているだと、積極的にアピールして信頼感を高めていくことも重要です。

デメリットのカバーはプロに任せるのがおすすめ

実際に外国人介護士がやって来てから生じる問題も多いものの、基本的にデメリットの多くはお互いの準備不足や理解の欠如によって増えていきます。そのため、外国人介護士を探す段階から、きちんとしたプロを介して行い、受け入れる側でも事前準備や所内研修などを行っておくようにしましょう。

活用できるプロとしては、外国人介護士の人材派遣に特化したONODERA USER RUNのように、人材発掘や教育から日本での生活のサポートまで一貫対応してくれる人材サービス会社などもあり、まずは自社にとってどのようなプロが望ましいか検討するようにしてください。