受け入れ可能な外国人介護士の国と国民性を分析

国外から外国人介護士を受け入れたいと考える際、どのような国から人材を受け入れられるか紹介します。また、国民性やそれぞれの国の特徴も国別に解説。ポイントを押さえることで、受け入れから就業までよりスムーズに進められるはずです。

ベトナムは向上心・向学心が旺盛

ベトナム
家族、特に年長者を大切にするベトナム人。向上心や向学心が旺盛で、ダブルスクールで学んだり、大きな功績を残したりする人も少なくないといわれる国です。親日家も多く、海外での就職を希望する人の中でも日本は人気の傾向があるとのこと。

そこで、ベトナムから人材を受け入れたいと考えた際にチェックしておきたい制度や在留資格について解説。加えてベトナムの特徴や国民性、一緒に働く上で注意したい点についてまとめました。

家族を何より大切にする人が多いフィリピン

フィリピン
フィリピンの国民性は、「家族を大切にする」「宗教が日常に根付いている」「メンツを大切にする」そして「お祭り好き」という4つで表現されることが多いようです。

また、家族とともに年長者を敬う文化も根付いていることから、非常にお年寄りに優しい人が多いともいえます。

フィリピンから人材を受け入れる際に利用できる制度や資格に加え、フィリピンという国が持つ特徴や国民性、実際に一緒に働くことになった場合に覚えておきたい点をご紹介します。

先生や上司を敬うミャンマーの人々

ミャンマー
敬虔な仏教徒が多く、先生や上司、親を敬うのがミャンマーの国民性といわれています。

親が年をとったら子どもが面倒を見ることを当然と考えている人が多く、長男や長女が家族の家計を支えていることも少なくないようです。素直に指示に従い、真面目に取り組む傾向があるミャンマーの人材を受け入れたい、と考えたときには、まず制度や条件から確認しましょう。

また、どのような国民性なのか、一緒に働く上で注意したい点についてまとめました。

親日家が多く、穏やかな国民性のカンボジア

カンボジア
一般的にいわれるカンボジアの国民性は、「穏やかでシャイ」。敬虔な仏教徒が非常に多いことが、穏やかな国民性に影響していると考えられています。人前で注意されることを嫌がる傾向があるものの、指示された仕事には真剣に取り組む傾向があります。

カンボジアの人材を受け入れる際の制度や在留資格、カンボジアの国民性、一緒に働く上で覚えておきたいポイントなどについて調べました。